ログイン

令和の「結婚と働き方」ウェビナー開催レポート

2021年4月26日、株式会社MAIA主催で「令和の結婚と働き方」ウェビナーを開催いたしました。

登壇者には、成婚にこだわった婚活サービスを提供し、地方創生や少子化対策に積極的に取り組む株式会社IBJ取締役の二ツ矢有紀さんと、福島県磐梯町の地域プロジェクトマネージャー・株式会社YUKARI代表取締役・株式会社Public dots & Companyマネージャー・3人のお子さんの育児という4足のわらじを履きながら活動している渡部久美子さん。また、株式会社MAIA CEOの月田有香さんがファシリテーターとして、令和の「結婚と働き方」についてトークセッションしていただきました。

当日のアーカイブ動画もぜひご覧ください。

 

働く女性のキャリアプランと婚期・出産時期のトリプル意識について

「どんな人生を歩みたいか」を贅沢に計画する

IBJの結婚相談所に登録されている7万人の会員さまの事例をもとに、最近の婚活の実状や、男女の結婚観、人生観の移り変わりについてお話しいただきました。

まず、結婚が難しいと感じている人の悩みは大きく分けて3つあり、
①出会いがない(自分がイメージする人に出会えていない)、②交際に至らない、③結婚に至らない

中でも、「自分がイメージしている人はどんな人?」と問われると、うまく答えられない方は多いのだそうです。

この記事を読まれている方の中にも、「結婚したい」と願っているものの、「どんな人と、どんな結婚生活を送りたいか?」がイメージできていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

逆に言えば、「自分がどういう未来を過ごしたいか」が明確であれば、その逆算で男性を見つけることができる場所が結婚相談所。相手がいないうちから、理想の未来を贅沢に考えてほしいというのが二ツ矢さんの願いです。

 

「自分が叶えたいことをどうしたら叶えられるか」という考え方

「働きたいけど、今の仕事を続けていけるのだろうか?」

体力的な問題や子育てとの両立の不安から、このような悩みを持つ女性は少なくありません。

そんな時二ツ矢さんは、「働きたい」という気持ちがあるのであれば、理想のライフスタイルに合う男性を選べばいい。自分が叶えたいことを、どうしたら叶えられるかを考えるのはどうですか?と話すそうです。

このようにIBJの結婚相談所では、単純に結婚相手を見つけるのではなく、「なぜ結婚したいのか」「どんな結婚をしたいのか」を深掘りし、自分の理想の人生を楽しむためのトータルサポートをされています。

結婚によって女性が変わらなければならない時代は終わりました。
結婚を軸にライフスタイルを変化せざるを得ない状況にするのではなく、働き方や両親との付き合い方など、自分の叶えたい人生を楽しんでいくために、マッチングする男性を選ぶことが大切だとお話しいただきました。

他にも、男性の婚期に対する考え方や、男性がどんな女性を求める傾向にあるかなどお伺いしていますので、アーカイブ動画でぜひチェックしてみてくださいね。

 

子育てと夫婦の協働について

お互いの理想をシェアし合うこと

社会人一年目の5月に「20代で結婚、30代のうちに最短で出世、子どもを2人出産し、35歳を超えたら3人目を考える」という人生計画を立て、現在全てを達成された渡部さん。

会社の同僚で飲み友達だった旦那さんとは、結婚したらこういうことをしたい、おじいちゃんおばあちゃんになるまでこう過ごしたい、これは譲れない、出世したい理由などを、結婚前にお互いの人生の理想を語り尽くしていたそうです。

二ツ矢さんからも、「自分の思っていることを言えず、相手に合わせることが得意なのが日本人なので、我慢してしまう部分もある。そこをお互いにシェアし合えるとまた違う関係性が築ける」とシェアがありました。

渡部さんご夫婦は結婚後も、価値観や生活リズムの違い、触れてはいけないことといったお互いのシェアは続き、それはケンカというよりディスカッションという表現がしっくりくるそうです。

 

旦那さんは結婚というプロジェクトのチームメンバー

渡部さんの家では、食事、洗い物、洗濯、ゴミ捨てなどあらゆる家事の役割をあえて決めず、「自分が率先してやる」ということを家族で大切にしているそうです。

家事の役割を決めると、義務感や当たり前に感じることが多くなり感謝の気持ちが薄れてしまいがちですよね。
実際にIBJで成婚された会員さまの中でも、「家事は女性の役割」という考え方から、夫婦で家事分担することがナチュラルスタンダードになってきているそうです。

そんな渡部さんご夫婦の関係性は、「結婚」というプロジェクトのチームメンバーだと言います。
お互いが勝手に過度に期待せず、信頼する。そして、お互いにとっていい関係をアップデートしていくスタイルをとって、常に最高の関係性を創っていこうねと話されているとのこと。

さらに最近、家族5人で福島県の磐梯町に移住された渡部さん。豊かな都会も便利だけど、「自然の中で工夫して生きていく力」を子どもの間に身につけて欲しいという想いがあったそうです。

渡部さんにとって働き方や住む場所を考える時には、「旦那さんと家族とラブラブな生活」を更新し続けるためにはどうすればいいか?が軸にあると教えてくださいました。

そのほか、アーカイブ動画では、「これからの時代の結婚、家族の在り方について」をテーマに3人のパネルディスカッションも収録されています。「結婚」の本質とは何か、ホンネで語っていただいていますので、ぜひご覧ください!

 

 

質疑応答(一部抜粋)

Q:理想の結婚をする上で自分の理想を描くことが重要と感じました。
いざ自分の理想を考える時に何が自分の理想なのか迷ってしまうのですが、そのような方に対してはどのようにお話されるのでしょうか?

A:遠い結婚のことを考えるより、何歳の時にどうしていたら幸せかな〜、こんな風な場所にいたら笑顔になれるな〜など、身近な幸せから考えると、そこからのブレイクダウンで見えてくるものがたくさんあると思います。(二ツ矢さん)

 

アンケートにお寄せいただいたコメント(一部抜粋)

・新しいパートナーの選び方、人生観の価値観が広がりました!ありがとうございました!

・本音で話せる内容ばかりで共感できる部分や、勉強になる事ばかりで楽しく視聴できました。 人生設計、パートナーの条件、自分を軸に考えた方が良いなど、もっと自分主体で考える事の大切さに気付く事ができました。ありがとうございました。

・今日は貴重なお話をありがとうございました。二ツ矢さんの次回のセミナー、是非聞きたいです。また、渡部さんの子育てについての考え方に共感しました。MAIAさん、月田さん、ありがとうございました。

 

次回「結婚相談所の開業説明会」開催!

二ツ矢有紀さんを再びゲストにお迎えし、ミレニアム世代の女性に向けた結婚相談所の開業説明会を開催します。
お申し込みフォームや詳細は、後日We.MAIAのイベントページに掲載いたします。ぜひチェックしてみてくださいね。

日時:2021年5月21日(金) 13:00〜14:30
場所:オンラインセミナー

イベントページ

 

おすすめの記事