ログイン

  • TOP
  • インタビュー
  • 言語学を活かした伝える力〜誰でもローコードツールで効率化できる社会を〜

言語学を活かした伝える力〜誰でもローコードツールで効率化できる社会を〜

国語学=言語学の研究を活かし高校教師というキャリアを経て、フリーランスで小規模事業者向けのITサポートを行う傍ら、MAIA女子として働く大阪府在住の「寺浦 友子」さんに、現在どのような働き方をしていて、どのようなライフスタイルを送っているのか詳しくお話を聞きました。


今までの私のキャリアについて

今現在の働き方を教えてください

フリーランスです。
とはいえ、皆さんがパートでお仕事をしているところがフリーランスでのお仕事に代わっているというだけで、それで生活している、というほどではありませんが。

今までにどのようなお仕事をしていましたか?

もともとは「国語学」の研究をしながら高校の教師をしておりました。
震災を転機にコンピュータのサポートを頼まれたことがきっかけで、フリーランスで細々と続けています。
教師時代は自分が感じている国語の面白さをただひたすら伝えたい!ということを前面に押し出して接しているうちに、生徒たちも興味をもってくれて伝えることの力を感じました。

国語学や高校教師からコンピュータサポートへのギャップはよく聞かれますが、1980年代の初期のコンピュータを家で使っており、専門家としてではなくユーザーとして触り続けていたので、わからないところを聞かれれば答えられるし教えられる、専門家と一般ユーザーの間をつなぐことができるサポートです。
高校での仕事も手作業や紙作業よりコンピュータの方がよっぽど効率よかったですし。

過去のキャリアで身につけたスキルはありますか?

教育とサポートは違いますが「わからない」というのは伝える側が相手を知らないから起きることで、わかってもらえるためにはまず相手を知らなければいけない、ということが私の中に深く根付いていることです。
言語学を学んでいたので文章は自分の中では「記号」であり、構造に落とし込むことができます。
プログラミングも「言語」である、というアプローチで、コードが読めなくてもその構造を説明できるというスキルです。
日本語の複雑な構造が理解できるのにプログラミングの単純な構造が理解できないはずがありません。

過去のキャリアを生かした強みを教えてください

私のコンピューターサポートは専門とユーザーの間にたって解決策をさがすものです。
ユーザー側の問題として、ITが不可解である故に恐怖心に近い感情を持っている人も少なくはないことがあります。
私がITではない立場からアプローチすることで、ひとつハードルが低くなります。
また「難しい」と「面白い」は表裏一体で「面白さ」を伝えると人は「聞く」そこから全てがスタートする
という教育の現場での実践経験を持っていることです。

今現在テレワーカーとして働けていますか?

はい。テレワーカーとしてしか働いていません。

テレワークで困ったことはありますか?

今はまだ生活していける報酬ではないという点がありますが…
そういった問題とは別に、リモートコミュニケーションに相手の方に慣れていただくめにどうすればよいかという点。
特に相手が見えない状況で、相手の立場や状況を探る難しさを感じます。
ビジネスチャット等の文字だけのコミュニケーションなので、相手が今仕事できないから返事がないのか、わからないことがあって返事に困っているのか、何か答えづらい理由があるのか…など考えてしまいます。

完全テレワーカーとして働きたいですか?

はい。とてもそう思います。
お仕事は完全テレワークを希望しますが、相手のことが見えない分、コミュニケーションが取りづらい部分を補う意味で、何か月かに1回でもいいのでお会いしたいですね。

MAIAでのキャリアについて

MAIA女子になろうとした経緯を教えてください

NHKの「あさイチ」でRPAが紹介されているのを見て、今までコンピュータの仕事をしていたのに知らなかった!ということに驚き、興味を持ちました。
調べても何のことかわからず、これはやってみなければ!とラーニングを受けました。
知っていくうちに、ローコードで使えるツールは大企業だけでなくいずれ小規模の事業者にも必要となる時代がくる、そう思ったことが今まで続けてきた一番大きな理由です。
小規模事業者ほど効率化が必要で、導入することで時間とこころの余白をもっていただける、と思っています。

MAIAで身につけたスキルは?

RPA、デジタルマーケティング(ウェブマ女子)Web開発(WebTech)、リモートコニュニケーション
もともと広く浅く持っていた知識をより広く浅く知識を身につけたかったです。
RPAを知った段階でやっと「令和」の時代にきた!と思いました。
平成までは皆さん何となくパソコンにつないでIT化をやった気になっていましたが、世界に取り残されないよう、特に小規模事業者さんに令和の時代のテクノロジーをお伝えしたくて、幅広く学習しています。

MAIA女子として関わった業務を教えてください

BizRobo!マーケットでの開発、サポート、テスター、そして今、検証をしています。
本当はサポ―トが一番やりたい仕事です。

過去の経験やキャリアを活かせた事例があれば教えてください

言語学の経験からコードが読めなくても構造に落とし込んでつかめることです。
コードは読めませんが、逆に完全に読めない部分は言語学(記号論)から日本語に置き換えるので説明の強みにもなります。
サポートの経験からどんなことでも伝えるコミュニケーションを心がけており、わからないことでも積極的に発信することで、一緒に考え結論を導きだせることがありました。

どの様な時にやりがいを感じますか?

なるべく伝えやすい表現を探すようにしていますが、それがすぎて冗長になり反省します。
なので説明に対して、短いお返事で返ってきた時。
伝えられたことと、伝える際にはお返事を手数少なくストレスなくいただけるように工夫をしているので、それがうまく機能したことが嬉しく思います。
そして、当然ですが、ロボが動いた時。

お仕事をしていて良かったことはありますか?

BizRobo!マーケットは数百体のロボが見られる貴重な場所で、トライ&エラーを共有できる場にいられる点、これが1番です。
リモートの文字でのコミュニケーションなので、その解決の過程がナレッジとしていつでも見られること。BizRobo!マーケットのプロジェクト中はロボも、設計書もテストの方法も共有していただけるので、多くの方法を知ることができることです。

辛かったことや苦労した点はありますか?

つい夢中になり、時間がほしくて夜に集中したところ、徹夜が続いて体調を崩しました。
夜なら時間があるではなく、リモートのお仕事は効率的な時間コントロールが大事と痛感いたしました。

印象に残ったお仕事のエピソード等はありますか?

Backlogで、直接そのやりとりに関係のない方から★をいただくことがとても嬉しかったです。
応援や、お疲れ様や、無理しすぎないように…など、色んなメッセージが込められていると思っています。
また、ものすごくヒントになることをさりげなく返してくれたり、いつでも困ったら助けてもらえそうで心強いですし、実際そうなのです。

MAIA女子になることの魅力とは何ですか?

まずこれだけ多岐の分野にわたる方とつながれるというのは貴重な場であると思います。
実際にお会いしたことがないのに、お名前を見ただけで嬉しい、お仕事で「会えて」嬉しいと思える方々がたくさんできたということです。

ご家族の方からの理解度を教えてください

本当に良く理解されているし、 尊重されています。
お互いが相手の立場を尊重する関係性がもとより基本になっています。
自分も相手のことを理解し、尊重するのが当然と思っています。

今後挑戦したいことはありますか?

小規模事業者のサポートをしていきたいです。非ITの立場の方にローコードツールを伝えることです。
3月はPowerAutmateDesktopの無償化が登場し、RPA界隈がその話でもちきりでしたが、無償以上に有償版が継続可能な低価格帯であることが魅力であると思います。
これがいずれPowerPlatfoemにつなげられることに意味があり、ようやく小規模事業者でも実現可能な価格帯の効率化ツールが登場したと思っています。
エンジニアとユーザーがローコードという共通語を使ったコミュニケーションが可能になる…この実現なくして日本のDXは成り立たないと考えています。
PoweAutmateDesktopが全て勝るわけではありませんが、無償から始められる、そして手の届く範囲で有償化できるツールです。
今、興味があると言ってくださった方へ、無償でリモートのラーニングをしています。
ラーニングをしながら自分も勉強しており、またお仕事の形に変えて長くサポートしていく方法を模索しているところです。

お仕事以外に人生を豊かにするライフスタイルについて

趣味は何ですか?

ランニングと絵を描くことです。
ランニングは散歩の延長で始めて、10年ほど続けています。
普段は10kmほどですが、ウルトラといって最長24時間140kmを走ったこともあるんですよ。
地図を片手に、途中で山道に入ったり(笑)
呼吸が上がらないよう、ゆっくり楽しんで長く走ることが好きです。
30kmまで寝て走れ、という言葉通りに楽しんで走り、最後にちょっとだけ頑張ります。
絵は、油絵も描きますしイラストも描きます。

その趣味の魅力を教えてください

絵は何といっても創造。自分の好きなものを描いています。
マラソンはとにかく前にしか進まないということ。
前に進んでいれば何かがある、ゴールに向かってただ進むことに意味があると思います。
たとえたどりつかずに途中でやめたとしてもそこで次へ向かって何か得られるものもあるのです。

お仕事や趣味以外に取り組んでいること、熱中していることはありますか?

PowerAutmateDesktopです。もう楽しくって(笑)
自分は無償版ではなく有償版を導入しているのでより世界が広がっています。
今は興味を持って下さっている方に無償でやっているのでお仕事ではないのですが、サポートの方法を自分自身模索しているところです。
これをどう仕事につなげていくのか、自分ひとりで無理なところはパートナーの方を探したり、引き続き探っていきたいと思います。
今取り組んでいることがささやかでも日本の未来につながるのではと思っています。

お仕事の息抜き方法はありますか?

走りに行きます。走っているときに感じる風は自分が動くことで起こるもの。
ゆっくりと体と会話しながら楽しんで走って、流れる景色を見ることです。
ロボットのアイディアが閃いたりもするんですよ。

お仕事は子育てや趣味、介護などと両立出来ていますか?

はい。出来ていると思います。すき間の時間で取り組めるお仕事なのが魅力です。

今後、お仕事以外に挑戦や取り組んでみたいことはありますか?

篠山イノベータースクールに参加して、初マラソンンの地でもある大好きな篠山と縁をもてたのに、修了とともにコロナ禍が重なって、昨年は一度も訪れることなく過ぎてしまいました。
今年は篠山に行って活動に触れたいと思っています。
自分の経験していないキャリアの方と触れ合って勉強したいですし、皆さんの取り組みに触れ、自分が何を貢献できるかを考えたい、と思います。

インタビュー動画

記事では書き起こしきれない内容も盛りだくさんです。
インタビュー対談動画は、MAIA公式YouTubeチャンネルからご覧ください。


【インタビュー協力】RPA女子4期生 / 寺浦 友子さん
【インタビュワー・ライター】RPA女子6期生 / 吉田 圭子
【ディレクション】株式会社MAIA 執行役員 兼 アートディレクター / 森山 譲治

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事

MAIA女子が起業をするきっかけの第一歩に

MAIA女子が起業をするきっかけの第一歩に

MAIA女子との出会いが夢であったITの仕事に携わることを可能にした〜そして、さらなるITスキルの強化へ〜

MAIA女子との出会いが夢であったITの仕事に携わることを可能にした〜…

RPAとの出会い自信と余裕をくれたが「仕事をしていく私」への自身と余裕をくれた

RPAとの出会い自信と余裕をくれたが「仕事をしていく私」への自身と余…

舞台からWebデザインへ〜モノづくりへの思いがフリーランスとしての成功に〜

舞台からWebデザインへ〜モノづくりへの思いがフリーランスとしての成…

ITエンジニアと翻訳の世界〜フリーランスとしての成功を導くものは〜

ITエンジニアと翻訳の世界〜フリーランスとしての成功を導くものは〜

RPAとの出会いが副業としても完全テレワークを実現できる自分を確立できた

RPAとの出会いが副業としても完全テレワークを実現できる自分を確立で…

自分に合った働き方・生き方を探して(フリーランストークセッション)

自分に合った働き方・生き方を探して(フリーランストークセッション)

AIラーニングの受講生インタビューが公開(RPA女子6期生・AI女子1期生)

AIラーニングの受講生インタビューが公開(RPA女子6期生・AI女子1期生)