ログイン

【全力すぎるRPA導入】月316時間を効率化した運用ポイント

<引用元/キーマンズネット> ディー・エヌ・エー(DeNA)はRPAを2017年6月に導入した。外部コンサルタントに頼らず、社内リソースでRPAの活用を定着させたことが大きな特徴だ。同社はどのようにRPAを運用しているのか。 ディー・エヌ・エー(DeNA)がRPAを導入した目的は「手作業の効率化」と「作業ミスによるリスク低減」の2つに大別できる。それほど大きなトランザクション量ではないという理由でシステム化から取り残された業務領域があった。この中で単純な繰り返し作業をロボットで代替し、高付加価値業務へのシフトや新たなチャレンジの時間創出を目指したのだ。

続きを読む

おすすめの記事

DXに必要なマーケティング視点! マーケターが知っておくべき新たな4Pとは?

DXに必要なマーケティング視点! マーケターが知っておくべき新たな4P…

テクノロジーで女性の人生が変わる!10分でわかる「フェムテック」の基礎

テクノロジーで女性の人生が変わる!10分でわかる「フェムテック」の…

DXの担い手に 女性の活躍求められるIT業界

DXの担い手に 女性の活躍求められるIT業界

フェムテックとは? どんな商品が人気? 体の悩みを解決する選択肢に

フェムテックとは? どんな商品が人気? 体の悩みを解決する選択肢に

テック業界“男性ばかり”問題を徹底討論。ジェンダー平等は義務かチャンスか?

テック業界“男性ばかり”問題を徹底討論。ジェンダー平等は義務かチャ…

大学入学共通テストに「情報」教科採用を受け、 お子さんへのプログラミング学習を「検討する」保護者が7割を超える

大学入学共通テストに「情報」教科採用を受け、 お子さんへのプログラ…

100社が回答した「わが社のDX推進目標」に見るDXのトレンド

100社が回答した「わが社のDX推進目標」に見るDXのトレンド

法整備、オフィスの在り方、DX……「総務」の視点で振り返る2020年

法整備、オフィスの在り方、DX……「総務」の視点で振り返る2020年