ログイン

RPA市場―シェア、トレンド、機会、予測2026年

RPAとも呼ばれるロボットプロセス自動化は、組織内の人々が企業内の既存のアプリケーションをキャプチャして解釈するためのロボットまたはソフトウェアを構成できるようにするテクノロジのブランチです。これにより、企業はデータの操作、トランザクションの処理、フィードバックのトリガー、および他のデジタルシステムとの通信を行うことができます。ロボットプロセス自動化ソフトウェアにより、企業はその機能を強化し、時間とお金を節約できます。RPAソフトウェアは、従業員の力がかなり大きく、大量のデータ、トランザクションプロセス、または機能を実行する企業によって使用されます。

続きを読む

おすすめの記事

法整備、オフィスの在り方、DX……「総務」の視点で振り返る2020年

法整備、オフィスの在り方、DX……「総務」の視点で振り返る2020年

DX意識調査、コロナ後にDXの「目的」「課題」「重要指標」はどう変わったのか

DX意識調査、コロナ後にDXの「目的」「課題」「重要指標」はどう変わ…

デジタルトランスフォーメーション(DX)とRPAの関係とは?

デジタルトランスフォーメーション(DX)とRPAの関係とは?

RPA DIGITAL WORLD TOKYO 2019が東京国際フォーラムで開催されます

RPA DIGITAL WORLD TOKYO 2019が東京国際フォーラムで開催されます

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

佐賀県 唐津市、佐賀銀行と共同でRPA導入効果実証実験を実施

Blue Prismが『高い』と誤解され続けてきた理由

Blue Prismが『高い』と誤解され続けてきた理由

横浜市では平均約85%の効率化?!  自治体のRPA実証実験で驚愕の結果が

横浜市では平均約85%の効率化?! 自治体のRPA実証実験で驚愕の結果が

【全力すぎるRPA導入】月316時間を効率化した運用ポイント

【全力すぎるRPA導入】月316時間を効率化した運用ポイント