ログイン

女性の仕事の悩みにはどんなものがある?自分に合った解決法で有意義なワークタイムを

女性の仕事の悩みは、男性の悩みとは少し違います。

人間関係や仕事内容などももちろんあるでしょう。ですが、多くの場合、男性との差や、ライフバランスの変化による悩みが大きいのではないでしょうか。

働く女性が増加している中、女性の仕事の悩みは比例して増加しています。

当記事では、女性がどのようなことで悩んでいる傾向があるのか、またその解決方法を提示しています。

あなたのワークタイムを充実させるために、参考になれば幸いです。

 

女性の仕事の悩みはどんなものがある?

総務省が出している、働く女性の状況 Ⅰ  令和元年働く女性の状況によると、労働力人口総数に占める女性の割合は44.4%と半数に届く勢いで増加しています。

このように仕事をする女性は増えていますが、一方で結婚や出産、育児、介護などによりライフスタイルの変化が激しいのも女性です。

このことから、女性が仕事に対して抱えている悩みは男性とは異なる傾向があると言えるでしょう。

女性の仕事の悩みはどんなものがあるのか、具体的に見ていきます。

 

ワークライフバランスが取りづらい

昨今、男性の育休取得や育児参加が推進されてきていますが、家庭に多くの時間を割いているのはまだまだ女性の割合が多いのが実情です。

仕事をしながら、家事に育児、介護に追われ、ワークライフバランスが取りづらいという悩みは多く聞かれます。

更に

「夫の転勤に仕事を辞めてついていくべきか・・・」

「心身に負担のかかる不妊治療を仕事をしながら続けられるのか・・・」

なども家庭と仕事のバランスにおいて、女性特有の悩みと言えるでしょう。

 

休みが取りづらい

産休や育休は権利として取得できますが、それも会社によっては取得しづらい、ということもあるようです。

「上司に反対された」「同僚に申し訳ない」などの人間関係。もしくは「育休後復帰できるような職場環境ではない」など、働く職種や環境面でもそういった制度を利用しづらい側面があります。

また、子どもの急病や行事で休みを取っているため、私用や自分自身の病気では休みづらい・・・と罪悪感を抱えてしまう女性も多いです。

 

男性と比べて給与水準が低い

総務省の働く女性の状況 Ⅰ  令和元年働く女性の状況によると、女性の雇用者総数のうち、56%が非正規職員として働いていることがわかります。

また、国税庁の平均給与のデータによると男性の平均給与が「567万円」に対して、女性の平均給与は「280万円」となっています。

更に下記の図を見てみると、日本では女性の管理職の割合が世界に比べて圧倒的に少ないのです。

厚生労働省:就業者及び管理的職業従事者に占める女性の割合より引用

これらのことから、女性は男性と比べると給与水準が低いことがわかるでしょう。

男性にも負けないくらい仕事をしているはずなのに、給与が見合っていないと理不尽を感じている女性も多いようです。

 

キャリアアップしにくい

上記でも触れていますが、日本では女性の管理職はまだまだ少数です。

昨今の情勢もあり、テレワークやフレックスタイムを導入する企業も増え、家庭と両立しながら仕事ができる環境が整えられつつありますが、それでもまだ世界に比べると日本は遅れています。

家庭を持てば、家庭と両立することを余儀なくされる場合が多い女性にとって、仕事に全精力を注ぎ続けることは困難である為、男性に比べるとキャリアアップはしにくいと考えられます。

家庭と仕事の両立はできても、家庭とキャリアアップの両立ができない・・・とキャリアを諦めてしまう女性は多いのではないでしょうか。

 

人間関係がうまくいかない

仕事において、人間関係はほとんどの人がぶつかる壁と言えますが、特に女性が多い職場では人間関係の悪さが悩みになる場合が多いです。

派閥があるような職場であったり、特定のグループに所属していないと職場から浮いた存在になってしまったりという傾向があります。

また、子どもの急病で休むことが増えると、より人間関係が悪化してしまうことも少なくないようです。

 

女性が仕事の悩みを解決する方法

女性の仕事の悩みを解決するには、周りに変わってもらうことを期待するのではなく、まずは自分で悩みを解決するために積極的に動いていくことが大切です。

自分が何に悩んでいるのかを知り、環境や自分を変えるために行動していきましょう。

 

悩みの原因を知る

仕事の悩みを解決するには、まず自分自身の悩みの原因がどこにあるかを知ることから始まります。

人間関係ならば誰のどのようなところに原因があるのか、もしくは給与面に不満があるのか、雇用形態、仕事内容など、仕事の悩みは多岐にわたります。

その中から自身の悩みの種になっているものを抜き出していきます。

その悩みを解決するために、下記のどの方法が合っているのか考えてみましょう。

 

信頼できる人に相談する

会社に信頼できる上司や先輩はいないでしょうか。

できれば同じ立場に立ってもらいやすい女性の方が悩みを聞き入れてもらいやすいでしょう。

同じ会社に相談できる人がいることによって悩みも軽減されますし、思わぬ視点からのアドバイスがもらえることもあります。

過去に同じ経験をしている女性であれば、実際に悩みを解決できた体験談を聞くこともできるかもしれません。

ただし、思わぬトラブルになることもあるため、会社内で相談する人は見極めるようにしましょう。

 

外部に相談する

「会社に相談できる人がいない」という場合は、外部に相談するのもいいでしょう。

例えば、「産業カウンセラー」は仕事や会社での人間関係などの悩みを解決できるよう援助してくれます。それだけでなく、自己を実現させるためのキャリアカウンセリングもおこなっています。

他に「キャリアコンサルティング」を受ける、という方法もあります。

キャリアコンサルティングは、個々人に望ましい職業選択やキャリア開発を支援してくれるプロセスです。

「仕事が楽しくない」

「自分に向いている仕事に転職したい」

など、仕事内容やキャリアに対して悩みを抱えている人は、外部へ相談することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

資格を取得する

今の仕事のスキルアップにつながる資格、仕事の幅を広げられる資格、もしくはまったく別業界の資格のために勉強するのもいいでしょう。

資格を取得することで自信につながりますし、キャリアアップにもつながるかもしれません。

また違う分野の資格を取得することで、別業界への転職の足掛かりになったり、あなたの視野も広がります。

転職する時に資格を持っていることで、不安が軽減される、仕事を選ぶ幅が広がる、雇用形態や待遇なども変わってくる、など、資格の恩恵は大きいのです。

女性に人気の資格については下記の記事で解説しています。ぜひ参考にしてください。

近年、女性に人気の資格とは?人気資格10選とニッチで高収入な資格5選

 

転職する

仕事の悩みを解決する一番有効な方法は、転職することです。

転職するためには

・今抱えている悩みの原因をしっかりと把握すること
・今後の働き方について向き合うこと

この二点が重要です。

今抱えている悩みをしっかりと把握することで、次の転職先はその悩みが出ないであろう企業に就職しなければいけません。

そして、今後の働き方に向き合うことで、あなたの希望をより詳細に知ることができます。

 

前向きなコミュニティの力を借りる

自分だけで悶々と悩んでいても問題は解決しづらいです。

そんな時にコミュニティのような、悩みを吐露できたり気軽に相談できる場があることで、思わぬ視点からのアドバイスや意見を聞けることがあります。

特に同じ悩みを持っていたり、思いを共有しやすい女性のコミュニティはそういった場に最適でしょう。

悩みや思いを共有しながら仕事に取り組むことで、モチベーションアップにつながります。

 

女性が仕事で悩みを抱えないためには

女性が仕事で悩むことは、結婚後、育児や介護時のワークライフバランスや、キャリアアップ、給与水準など、会社に勤めていることで直面する問題が多いように感じます。

会社員でも、女性が働きやすいように改革はされてきていますが、それでもまだ世界的に見ると日本の女性の給与水準やキャリアアップ支援は少ないのです。

ワークライフバランスを整えたくても周りの理解がなくて難しい場合もあるでしょう。

そういった悩みを抱えないために、おすすめの働き方をご紹介します。

 

仕事において重視するポイントを知る

女性は男性と比べて、家庭とのバランスを考える機会が多いですよね。

結婚したパートナーが転勤族だったり、子どもが生まれたり、親の介護が必要になったり・・・

男性の育児参加も推進されてきていますが、まだまだ女性が担うことが多いのが現状です。

そこでまずは、あなたが何を重視して仕事をするのかを考えてみましょう。家庭とのバランスが第一なのか、自己実現の為なのか、お金を稼ぐためなのか、それによって選ぶ仕事も変わってきます。

まずは、あなたが重視したいポイントを掘り下げて考えてみましょう。

またパートナーとの仕事への価値観についても話しておくと、家族にとってより良い選択ができるでしょう。

 

自宅でできる仕事をする

ワークライフバランスを大切にしたい場合は、自宅でできる仕事がいいでしょう。

今はWebやIT関連の仕事が急増しており、在宅ワークでも十分な収入を得ることができます。

WebライターやWebデザイナー、SNSマーケティングなど、パソコンやスマホがあればできる仕事も多いです。

自宅で仕事ができれば、家事や育児とのバランスも取りやすく、仕事をしながらも臨機応変に動くことができます。

職場に行く必要がないので、通勤時間や職場の場所、人間関係などで悩まされることが少なくなるのも大きなメリットです。

 

好きなことを仕事にする

自己実現のために働く場合は、思い切って好きなことや得意なことを仕事にするのがいいでしょう。

会社で好きなことを仕事にできる場合もありますし、会社員として働きながら副業で好きなことを仕事にすることもできます。また、起業し、経営者として好きなことを事業として広げていく方法でもよいでしょう。

好きなことを仕事にすることで、モチベーション高く仕事に臨めますし、それによって得られる収入も変わってくるかもしれません。

 

新しい分野に挑戦してみる

これまでの仕事が自分に合っていない、と感じる場合は、思い切って新しい分野に挑戦してみるといいでしょう。

前述した、資格を取得する、転職する、でもいいですが、興味を持った分野で一定期間しっかりと勉強に励むこともおすすめです。

その勉強期間で得られるものはスキルだけではありません。

学びを得られれば、自信がつき、同じスキルを持った人同士のコミュニティもできます。

今までの働き方や、今後の働き方に悩んでいる人は、新しい分野に挑戦することで道が開けるかもしれません。

 

MAIAのオンライン教育なら

MAIAでは、Web業界の様々な分野でオンライン教育を実施しています。

オンライン教育のため、パソコンとネット環境さえあれば、自宅やカフェでも受講が可能です。

RPA、AI、Web開発言語、Webデザイン、デジタルマーケティング、CAD、ビジネススキル、Microsoft Office、サーバ・ネットワーク等、講座が充実しているため、あなたの興味に合った講座を選択できます。

学んだスキルを活用して仕事をすることで、仕事へのやりがいや給与水準も上げることができ、モチベーションアップにもつながるでしょう。

MAIAのコミュニティは精力的に活動しているため、働く女性同士で同じ悩みや不安を共有できるのも女性にとっては大きな魅力の一つです。

 

まとめ

女性の仕事に関する悩みは、男女間で差ができてしまうや給与やキャリア、ライフスタイルの変化によるところが大きく、男性とはまた違った悩みがあります。

仕事の悩みを解決するためには、自身で悩みを分析し、積極的に解決のために動いていくことが大切です。

また仕事だけでなく、趣味の時間や家族の時間を大切にし、プライベートを充実させることでストレスを和らげる、というのも一つの解決法でしょう。

最終的には、あなたが仕事で何を達成したいのか、何のために仕事をするのか、を知ることが重要です。

あなたのワークタイムを充実させるために、できることから一つずつやっていきましょう。

おすすめの記事

仕事をする上で大切なこととは?面接で聞かれた時の答え方・考え方を紹介

仕事をする上で大切なこととは?面接で聞かれた時の答え方・考え方を…

シングルマザーが貧困から抜け出すために制度を活用して働き方を考えよう

シングルマザーが貧困から抜け出すために制度を活用して働き方を考え…

50代女性の理想の生き方とは|今後の人生を楽しむためのポイントを解説

50代女性の理想の生き方とは|今後の人生を楽しむためのポイントを解説

40代からの生き方とは?これから輝ける女性になる方法をご紹介します。

40代からの生き方とは?これから輝ける女性になる方法をご紹介します。

“仕事が楽しい人”の特徴とは?|”楽しい”を仕事にしている人の特徴を紹介

“仕事が楽しい人”の特徴とは?|”楽しい”を…

主婦が仕事復帰をするために知っておくべきポイントや選択肢を紹介します

主婦が仕事復帰をするために知っておくべきポイントや選択肢を紹介し…

シングルマザーの仕事はどんな職種が多い?働き方や仕事探しのポイントとは

シングルマザーの仕事はどんな職種が多い?働き方や仕事探しのポイン…

40代の女性は転職が厳しいのか?採用する企業側の理由をご紹介します。

40代の女性は転職が厳しいのか?採用する企業側の理由をご紹介します。