ログイン

睡眠の悩み3割以上 快眠製品の開発加速

〈引用元:Yahoo!ニュース〉 快適な睡眠は、食事、環境、寝具の組み合わせによって得られる人間のなくてはならない生命活動だ。近年、日本では、睡眠負債やコロナ禍での睡眠環境の乱れから、睡眠診療の受診や食生活の改善、寝具の見直しなど、消費者はかつてないほどに快眠を求めている。こうした流れを受け、健食業界では「睡眠」関連サプリメントの開発が活発化している。機能性表示食品の受理件数も300品に迫る勢い。また、テクノロジーを使って睡眠の質を分析するスリープテックや医師と連携した寝具の開発など、より高いレベルでの睡眠提案が活発になってきた。

続きを読む

おすすめの記事

原則“リモートワーク”で転勤・単身赴任はなし!? NTTが新たな働き方を発表…課題を聞いた

原則“リモートワーク”で転勤・単身赴任はなし!? NTTが新たな働き方を…

交通量調査員が廃止に!今秋からはカメラとAIが交通量を観測

交通量調査員が廃止に!今秋からはカメラとAIが交通量を観測

源氏物語が好きすぎてAIくずし字認識に挑戦でグーグル入社 タイ出身女性が語る「前人未到の人生」

源氏物語が好きすぎてAIくずし字認識に挑戦でグーグル入社 タイ出身女…

量り売りを“再発明”する。京都のゼロウェイストスーパーを支えるテクノロジー

量り売りを“再発明”する。京都のゼロウェイストスーパーを支えるテク…

AIが無限に生成するメロディー、その出会いもまた運命。作曲家とAIの共創について、tofubeatsら音楽クリエイターが語る

AIが無限に生成するメロディー、その出会いもまた運命。作曲家とAIの…

犯罪予測システム「CRIME NABI」、犯人検挙実績も!

犯罪予測システム「CRIME NABI」、犯人検挙実績も!

《行政DX》日本の抱える2つの課題と推進方法|成功事例も紹介!

《行政DX》日本の抱える2つの課題と推進方法|成功事例も紹介!

文系社員にもDXの波 「デジタル転換」へ研修加速

文系社員にもDXの波 「デジタル転換」へ研修加速