ログイン

  • TOP
  • テクノロジー
  • 量り売りを“再発明”する。京都のゼロウェイストスーパーを支えるテクノロジー

量り売りを“再発明”する。京都のゼロウェイストスーパーを支えるテクノロジー

〈引用元:IDEAS FOR GOOD〉   4〜50年前の日本では、味噌も醤油も酒も、すべて「量り売り」という販売形態で売られていた。自宅から容器を持参し、必要なものを必要な分だけ買うスタイルだ。過剰に買わないことで、食品ロスやパッケージごみも減らすことができる利点がある。 しかし量り売りは、利用側と販売側、双方にとって「面倒なもの」だと思われてきたが故に、現代の日本ではあまり見かけることは少ない。私たちは今、スーパーマーケットに陳列されているパッケージされた商品をカゴに入れるだけの、便利な生活にあまりにも慣れてしまっている。  

続きを読む

おすすめの記事

原則“リモートワーク”で転勤・単身赴任はなし!? NTTが新たな働き方を発表…課題を聞いた

原則“リモートワーク”で転勤・単身赴任はなし!? NTTが新たな働き方を…

交通量調査員が廃止に!今秋からはカメラとAIが交通量を観測

交通量調査員が廃止に!今秋からはカメラとAIが交通量を観測

源氏物語が好きすぎてAIくずし字認識に挑戦でグーグル入社 タイ出身女性が語る「前人未到の人生」

源氏物語が好きすぎてAIくずし字認識に挑戦でグーグル入社 タイ出身女…

AIが無限に生成するメロディー、その出会いもまた運命。作曲家とAIの共創について、tofubeatsら音楽クリエイターが語る

AIが無限に生成するメロディー、その出会いもまた運命。作曲家とAIの…

犯罪予測システム「CRIME NABI」、犯人検挙実績も!

犯罪予測システム「CRIME NABI」、犯人検挙実績も!

睡眠の悩み3割以上 快眠製品の開発加速

睡眠の悩み3割以上 快眠製品の開発加速

《行政DX》日本の抱える2つの課題と推進方法|成功事例も紹介!

《行政DX》日本の抱える2つの課題と推進方法|成功事例も紹介!

文系社員にもDXの波 「デジタル転換」へ研修加速

文系社員にもDXの波 「デジタル転換」へ研修加速