ログイン

テレワークを始める女性が考えること・知っておくべきことを紹介します

 

出社・通勤をせずに在宅やカフェなどで仕事を行う”テレワーク”。

近年は様々なオンラインツールの登場や普及により、テレワークで仕事を行う人は年々増加傾向にあります。

 

そして、テレワークは数多くの女性にとっても働きやすい仕事の行い方とも言えるでしょう。

 

特に主婦の方の場合、子育ての合間の時間を有意義に使いたい、自分の経験やスキルなどを使って仕事をしてみたいという方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では主に女性がテレワークで仕事を行うにあたっての

 

  • ・メリットやデメリット
  • ・広がる選択肢
  • ・確認しておきたいこと

 

についてを詳しく解説していきます。

 

テレワークでの仕事に興味がある女性は、是非参考になさってくださいね。

 

女性がテレワークを行うことのメリットとデメリット

以下段落では、女性がテレワークを行うことによるメリット・デメリットについて紹介していきます。

 

まず全ての立場の女性がテレワークを行うにあたっての共通のメリットとして”ストレスを減らすことができる”ことや”自分の時間が増える”ことが挙げられます。

満員電車や長い通勤時間が無くなる他、苦手な上司と直接交流することも無くなるため、日々の仕事や人間関係におけるストレスを大幅に減らすことが出来ます。

 

またテレワークは”対面で意見や質問をすることが中々出来ない人”にも向いている働き方とも言われています。   

“対面では恥ずかしくて中々言い出すことの出来なかった意見や質問も、オンラインチャットだと気軽にどんどん発信することが出来るようになった”

このような人も年々増えていることも事実です。

 

しかし、テレワークの仕事には”コミュニケーションが取りづらい”、”上司やお客様との理解・認識の違いが生まれやすい”といったデメリットもあります。

特に忙しい上司の場合、業務上においての問題が生じた時にリアルタイムで詳しい人に聞くことが出来ない場合も多い為、タイムロスを招いてしまうことも。

またテレワークの場合、上司やお客様と直接会って仕事をする機会も少ない為、交友関係や信頼関係が構築しづらいことも事実です。

 

女性がテレワークを行う上でのメリット・デメリットは以上の点の他にも、独身や既婚、育児中など状況や立場の違いで生じるものがあります。

ここからは、女性がテレワークで仕事を行うにあたってのメリット・デメリットについてを立場ごとに解説していきます。

以下の表には

 

  • ・独身の女性
  • ・既婚の女性
  • ・育児中の女性

 

がそれぞれテレワークで仕事を行うにあたってのメリット・デメリットについてを簡単にまとめました。

 

立場

メリット

デメリット

独身の女性

・自分の自由に使える時間を有効活用することが出来る

・本業がある場合、副業としても挑戦することが出来る

・電気代や通信費などの固定費が増え、生活が圧迫されるリスクもある

・人と会う機会が減るため、出会いが減ってしまうことも

既婚の女性

・収入の幅が広がるため、夫婦の生活により一層ゆとりを持てるようになる

・専業主婦の場合、夫の収入に依存することなく自分でお金を稼ぐことが出来る

・夫婦で二人きりで過ごす時間が減る可能性もある

・夫婦共にテレワークの機会が多くなる場合、お互いの業務に支障が出る可能性もある

育児中の女性

・子育ての合間の時間を有効活用して仕事をすることが出来る

・家事や育児の気分転換になる

・働ける時間が子供の生活習慣に左右されやすい

・仕事と子育ての両方のストレスを抱えることも

 

ここからは、女性がテレワークで仕事を行うにあたってのメリットやデメリットを立場ごとに詳しく解説していきます。

 

独身の女性がテレワークを行うことのメリット・デメリット

独身の女性がテレワークを行う場合のメリットとして挙げられるのが、自分の自由に使える時間を最大限に活かして仕事をすることが出来ることです。

特に学生やフリーターの場合、有効活用できる時間も比較的多いため案件次第では新たな学びや刺激を得ながら効率よく収入を増やすことが出来ます。

また会社員や本業がある独身女性の場合も、所属している会社の就業規則次第では副業として空いている時間を使ってテレワークの仕事に挑戦することも出来ます。

 

しかし独身の女性がテレワークを行うにあたってのデメリットとして、在宅勤務による電気代や通信費が増加してしまうという点があります。

1年通してテレワークの仕事を行った結果、電気代は例年に比べて約21,400円ほど増加してしまったという事例もあります。

現在の収入では家計が苦しい方にとっては痛い出費となってしまうこともあるのではないでしょうか。

また独身の女性がテレワークで仕事を行う場合、外出や人と会う機会が少なくなることにより、出会いの機会が減ってしまうこともあるかもしれません。

 

既婚の女性がテレワークを行うことのメリット・デメリット

既婚の女性がテレワークを行うにあたってのメリットとして挙げられるのが、収入の幅が広がることで夫婦の生活により一層ゆとりが持てるということです。

共働き世帯の場合、副業としてテレワークの仕事を始めることによって自由に使えるお金が増えることで、二人きりの時間の過ごし方の選択肢も広がります。

また専業主婦の女性の場合、テレワークの仕事を通して自分で報酬を得ることで夫の収入に依存する割合も少なくなることもメリットの1つです。

テレワークの仕事を行うことで自力で収入を得ることによって、”夫にはなかなかお願いできなかった欲しい物”を購入することが出来るようになるでしょう。

 

しかし既婚の女性がテレワークを行うにあたって、夫婦二人きりで過ごす時間が少なくなってしまうことがあるというデメリットもあります。

特にフルタイムや夜間にテレワークの仕事を行う場合やご主人との生活リズムが合わなくなってしまう場合、寂しさを感じてしまう人もいるかもしれません。

また夫婦揃ってテレワークの仕事を行う場合、互いの業務に支障が出てしまうことで思わぬ喧嘩などが起こり、ストレスを感じる原因になってしまうことも。

既婚の女性の皆様がテレワークの仕事を検討する場合、お互いの生活習慣や働き方のスタイル、夫婦二人のルールなどを考慮することが大切なポイントです。

 

育児中の女性がテレワークを行うことのメリット・デメリット

育児中の女性がテレワークを行うにあたってのメリットとして挙げられるのが、子育ての合間の時間を有効活用して仕事を行うことが出来るという点です。

特にお子様が幼稚園や保育園に行っている時間帯は使い方次第で有効に活用することが出来る他、家事との両立もしやすいため魅力的です。

また子育ての合間に仕事を行って収入を得ることは、場合によっては育児のストレスを軽減することができたり、自己肯定感の向上にも繋がることでしょう。

 

しかし子育て中の女性がテレワークを行う場合に注意しておきたいのが、毎日の就業可能な時間がお子様の生活習慣に依存しやすいという点です。

特にお子様が0〜3歳で1日中家にいる場合、お子様の体調や行動を常に見ておく必要があるため、仕事と両立するのは簡単ではないことも事実です。

また場合によっては子育てとテレワークの両立による想像以上のストレスにより、体調を崩してしまうというリスクもあります。

特に子育てと在宅勤務が初めての場合、今まで経験したことのないことを2つ同時に行うことになるため、場合によっては精神的負担を招いてしまうかもしれません。

専業主婦の方がテレワークの仕事を始める場合、お子様の年齢や生活習慣などを考慮し、心身共に余裕のあるワークプランを立てることを心がけましょう。

 

女性がテレワークを始めることで広がる選択肢

ここからは、女性がテレワークを始めることで出来るようになることや、広がっていく選択肢について解説していきます。

 

女性がテレワークを始めることで新たに広がる選択肢として

 

  • ・自分の欲しい物が買えるようになる
  • ・新しいコトに挑戦できる
  • ・長期的な貯蓄の計画が立てやすくなる

 

以上の3つの点が挙げられます。

これらの3つの点は独身、既婚、子育て中の場合全てに共通する選択肢とも言えます。

ここからは、これら3つの新たな選択肢についてそれぞれ解説していきます。

 

1.自分の欲しい物が買えるようになる

 

1つ目の女性がテレワークを始めるにあたって広がる選択肢は、自分の欲しい物が買えるようになるということです。

特に専業主婦の場合、自分で自由に使えるお金の幅も主人の収入状況などに依存するため、中々自分の好きなものを買いづらいといった方もいると思われます。

テレワークの仕事を行って収入を得ることで、今まで買うことの出来なかった欲しい物を自分で稼いだお金で買うことができるようになるでしょう。

 

2.新しいコトに挑戦できる

 

2つ目の女性がテレワークを始めるにあたって広がる選択肢は、新しい趣味や勉強などに関する自己投資が出来るようになるということです。

新しい習い事や趣味を始める場合、ものによってはどうしても機材や備品などを購入するための初期投資が必要なため、まとまったお金が必要になってきます。

テレワークの仕事で毎月少しずつ収入を得ることで、金銭面の理由によって手を出せなかった新たな趣味や習い事を始めるきっかけになるかもしれませんね。

 

3.長期的な貯蓄の計画が立てやすくなる

 

3つ目の女性がテレワークを始めるにあたって広がる3つ目の選択肢は、収入を得ることで長期的な貯蓄における選択肢の幅が広がることです。

少子高齢化問題による将来の年金の支給額や残りのローンの支払い、定年退職後の貯金について不安がある方も多いのではないでしょうか。

テレワークでの仕事を通して一定の収入を得続けることが出来た場合、毎月定額を積み立てる資産運用などを行いやすくなります。

 

テレワークを始めるにあたって確認しておきたいこと3選

ここからは、女性がテレワークでの仕事を始めるにあたって事前に確認しておくべきことについて解説していきます。

これから紹介していくことは、在宅での仕事を始めるにあたって心得ておくべきことばかりなので、是非参考になさってください。

 

1.インターネット環境が整っているかどうか

1つ目の女性がテレワークを始めるにあたって確認すべきことは、インターネット環境が整っているかどうかという点です。

テレワークで仕事を行うにあたっては、”業務に支障が出ないレベルの回線速度のあるインターネットの環境”は必須と言っても過言ではありません。

特に幅広いビジネスシーンで使われている

  • ・ZOOMやTermsなどのオンライン会議
  • ・Googleのドキュメントやスプレッドシート
  • ・WordPressなど記事やウェブサイトの編集ソフト

の通信速度はネット環境に依存するため、インターネットの速度が遅いと画面が固まったり、会議の音声が聞き取りづらくなることがあります。

これからテレワークの仕事を始めようと考えている女性の皆様は、まずは作業の候補となる場所のネット環境が整っているかどうかを確認してみましょう。

 

2.テレワークする時間と単価が見合っているかどうか

2つ目の女性がテレワークを始めるにあたって確認すべきことは、実際の労働時間時間と単価が見合っているかどうかという点です。

女性がテレワークを始めるにあたっての報酬の相場は業界や案件によって異なりますが、参考値としては次のようになっています。

・事務作業の場合:1時間につき1,000円〜1,300円程度

・Webライターの場合:1文字につき0.5円〜1円程度

・家庭教師の場合:1コマ(45分〜60分)につき2,500円〜3,000円程度

女性がテレワークを始めるにあたって、積極的に未経験でも始められる案件に手を伸ばすという積極性はとても大切です。

しかし実際に案件を受注して業務を始める前に、自分の行う仕事の稼働時間と報酬が見合っているかどうかを確認することを心がけましょう。

 

3.自分にとって無理のない仕事であるかどうか

3つ目の女性がテレワークを始めるにあたって確認すべきことは、自分にとって無理のない仕事の内容や時間であるかどうかという点です。

特に0〜3歳のお子様がいる主婦の場合はお子様が常に側にいることになる為、1日のうちに必ず仕事をすることができるまとまった時間は取りづらいものです。

何とかして仕事の時間を確保した場合も、生活に余裕がなくなって家事や子育てに影響が出てしまうリスクがあることも事実です。

独身やお子様がいない主婦の場合は比較的時間が取りやすいものの、お子様のいる女性の皆様がテレワークの仕事を始めるにあたって考えておくべきことは

・1日のうちに100%開けられる時間はどれくらいあるか

・自分で自由に使える時間のうち、どれだけの時間を仕事に使えるか

・自分にとって時間的・精神的に負担がかかる難易度の案件ではないかどうか

以上の3点が主に挙げられます。

自分の時間がお子様の生活リズムに依存する場合、労働時間を決めて働く時給制の案件よりも、決まった納期までに業務を行う成果報酬性の仕事がオススメです。

 

テレワークの仕事を見つける方法

ここからは、実際に女性がテレワークを始めるにあたって実際に仕事を探す方法についてを解説していきます。

 

1.求人サイトから応募する

1つ目の女性がテレワークの仕事を探す方法は、リクルートやindeedなど求人サイトから仕事に応募することです。

これらのサイトはGoogleやYahoo Japanなどの検索エンジンから検索することができ、サイト内の検索欄にキーワードを入れることで仕事を探すことが出来ます。

求人サイトから仕事の案件を探すにあたってのポイントは、自分の希望する業種や働き方、自分の現在の状況などを合わせて複数のキーワードで検索することです。

(検索ワードの例)

  • ・女性 営業 在宅
  • ・Webライター 未経験
  • ・女性 オフィスワーク 在宅 など

このように複数のキーワードを合わせて検索することで、自分自身にとって最適な案件に出会う確率が大きく上がります。

 

2.クラウドソーシングを活用する

2つ目の女性がテレワークの仕事を探す方法は、クラウドソーシングを活用して案件を受注することです。

クラウドソーシングはインターネットを介しての不特定多数の人への業務の委託という意味であり、国内のクラウドソーシングサイトの中でも代表的なものとして

  • ・88万人が登録している国内最大級のプラットフォーム「クラウドワークス」 
  • ・クリエイティブ系の案件の多い「ランサーズ」
  • ・専業主婦の皆様にオススメな案件が揃っている「ママワークス」

以上の3種類のサイトなどがあります。

クラウドソーシングサイトは誰でも無料で登録できる他、案件の種類や雇用形態も様々であることが特徴です。

“インターネット上の求人サイトで自分に見合う案件を見つけられなかった”

そんな方は、クラウドソーシングサイトに登録して自分の条件に当てはまるテレワークの仕事を試してみましょう。

 

3.自分でビジネスやショップを開業する

3つ目の女性がテレワークの仕事を探す方法は、WordPressやインスタグラム、BASE(ベイス)などを使って自らビジネスやショップを開業することです。

WordPressは自分でブログやアフィリエイトを始めたい方、インスタグラムやBASEはハンドメイドや物販系の仕事を始めたい方に向いているツールと言えます。

これらのツールを使ってテレワークの仕事を始める上での共通するメリットとして

  • ・初期費用なしで始められるため金銭面の心配がない
  • ・SNSで実際に運用してレビューやノウハウを紹介している人が多い
  • ・他の業種の案件にも応用できるスキルを学ぶことができる

以上の3点が挙げられます。

“SNSに詳しくない、これらのツールを使ったことがないからいきなり手をつけるのは少し自信がない”

そんな場合はインターネットで情報を仕入れたり、書店で専門の書籍を購入して使い方を少し勉強してから手を付けてみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

この記事では、今後テレワークを行う女性が考えておくべきことや仕事の選び方についてお伝えしました。

働き方は時代の流れと共に年々多様化してきており、それぞれのライフスタイルに相応しい仕事があります。

この記事を参考に、自分にとって無理なく最適な在宅ワークを見つけてくださいね。

おすすめの記事

エンジニアがフリーランスになるために!会社に縛られない働き方とは?

エンジニアがフリーランスになるために!会社に縛られない働き方とは?

在宅ワーク初心者の月収は?初心者でも取り組みやすい仕事9選

在宅ワーク初心者の月収は?初心者でも取り組みやすい仕事9選

女性にとって安全な副業とは何か?見分けるポイントを紹介

女性にとって安全な副業とは何か?見分けるポイントを紹介

子育てママが仕事探しで押さえたい3つのポイント

子育てママが仕事探しで押さえたい3つのポイント

子育てと仕事の両立に疲れた!そんなママたちへ

子育てと仕事の両立に疲れた!そんなママたちへ

女性が在宅で副業をするなら?副業の種類と選ぶポイントを解説します

女性が在宅で副業をするなら?副業の種類と選ぶポイントを解説します

子育てしながらでも仕事ができる在宅ワーク10選と詳しい仕事内容

子育てしながらでも仕事ができる在宅ワーク10選と詳しい仕事内容

女性の働き方改革とは?企業が取り組むべき女性活躍推進を解説!

女性の働き方改革とは?企業が取り組むべき女性活躍推進を解説!