ログイン

テレワーク可能な仕事には何がある?業種や探し方を解説します

会社やオフィスに出社・通勤せず、自宅やカフェなの自分の好きな場所で仕事を行うことが出来る”テレワーク”。

 

満員電車での通勤や駅からの長距離移動をすることなく仕事を行うことができるため、現代において理想的な働き方のひとつとなっております。

 

“テレワークの仕事って、会社員がするものじゃないの?”

このような疑問を抱いている方も少なくないと思われます。

 

しかし、テレワークは会社員の他にもフリーランスや個人事業主の間にも既に浸透している他、普段忙しい子育て中の主婦の皆様にもオススメな働き方とも言われています。

 

この記事では主にテレワークで仕事を行うにあたって適している職種や業務について紹介していきます。

 

“テレワーク可能な仕事ってどんなものがあるの?”

 

“空いた時間を活用してテレワーク可能な仕事をしてみたい”

 

そんな方は、是非参考にしていただけると幸いです。

 

テレワークできる仕事の種類

テレワーク可能な仕事は業界・業務内容によって様々ですが、中でも注目されているのが

 

  • ・SE(システムエンジニア)
  • ・Webライター
  • ・デザイナー
  • ・カスタマーサポート
  • ・翻訳・通訳
  • ・オペレーション業務
  • ・コンサルタント
  • ・家庭教師

 

これらのジャンルの仕事であり、案件数も比較的多いため需要が高い傾向があると言えます。

 

ここからは、これら8種の業務をテレワークで行うにあたって

 

  • ・業務に必要なスキル
  • ・向いている人
  • ・週の平均労働時間
  • ・報酬の平均単価

 

についてをそれぞれ解説していきます。

 

テレワークで SE(システムエンジニア)を行う場合

 

まず最初は、テレワークでSE(システムエンジニア)の仕事を行う場合についてを紹介していきます。

SEの仕事はテレワーク可能な仕事の中でも需要の高い職種の1つであり、特にシステム開発においての

 

・要件定義

・詳細設計

・テスト

 

などのステップはクライアントとの直接のやりとりが不要なため、在宅で一人でも進めることが特徴です。

SEの仕事をテレワークで行うには専門知識や開発経験が必要となるため、学生時代や社会人時代に技術・開発系の仕事の経験がある方向けのお仕事となります。

報酬については数千円のものから数十万円のものまで幅広くあり、働き方についても決められた納期までに成果物を納品するという成果報酬型の案件が揃っております。

 

テレワークでWebライターを行う場合

 

ここからは、テレワークでWebライターを行う場合についてを紹介していきます。

Webライターとはその名の通り、オンラインで記事を執筆・編集する仕事であり、案件は単発のものから長期契約のものまで様々となっております。

Webライターの報酬は案件や実力、実績によって異なるものの、未経験の場合は1文字につき0.5円〜1円の単価が相場と言われております。

また執筆速度に関して言うと、1時間に2,000文字程度のスピードで記事を執筆できるようになるとある程度のレベルのあるライターとして見なされることが多くなるようです。

Webライターの文字単価は過去の執筆実績やクラウドワークスの”Webライター検定”などの資格を獲得することで上がる傾向もあります。

“文章を書くのに自信がある”

“自分の知識や経験を文章にして情報発信をしてみたい”

そんな方は是非、Webライターにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

テレワークでデザイナーを行う場合

 

ここからは、テレワークでデザイナーを行う場合についてを紹介していきます。

デザイナーという職種においての定義は様々であり、中でも

・Webデザイナー

・ファッションデザイナー

・グラフィックデザイナー

といったポジションにおいての案件は比較的数多い傾向がある他、経験ゼロからこれらの仕事を始める準備をすることが出来るオンラインスクールなども数多く存在します。

デザイナーの仕事においての業務には時給制や月給制の案件の他、自分や納品した成果物によって報酬が変わる出来高制のものもあります。

アパレル方面の仕事経験や知識が豊富な方、Web系の仕事にチャレンジしてみたい方は、是非テレワーク可能なデザイナーの仕事について調べてみましょう。

 

テレワークでカスタマーサポートを行う場合

 

ここからは、テレワークでカスタマーサポートを行う場合についてを紹介していきます。

カスタマーサポートのお仕事は幅広い業界・業種のものがあり、インターネット上においても時給制で在宅可能な案件が数多く紹介されております。

報酬については時給1,000円〜1,800円が相場となっており、労働時間についてはフルタイムから1日◯時間以上など様々な条件が揃っていることが特徴です。

接客業や営業職の経験がある方や気遣いができる方にとって働きやすい仕事と言えるのではないでしょうか。

 

テレワークで通訳・翻訳を行う場合

 

ここからは、テレワークで通訳・翻訳を行う場合についてを紹介していきます。

現在はzoomなどのオンライン会議やPDFなどの電子資料の普及により、外国語の出来る人材への需要はまだまだ伸びてくると言われております。

通訳の場合は雇用形態や資格(TOBIS(ビジネス資格検定)など)によって報酬が変動しやすく、翻訳の場合の報酬の相場は日本語1文字につき約4円〜10円となっております。

留学経験のある方やTOEIC、HSKなどの語学の資格を活かして働きたい方は、是非テレワークでの通訳・翻訳業務に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

テレワークでオペレーション業務を行う場合

 

ここからは、テレワークでオペレーション業務を行う場合についてを紹介していきます。

オペレーション業務とは主に”業務の目標を達成するため、物事を運営・推進していく手順を定めること”を指し、案件によってはコンサルの要素を含むものも多数あります。

オペレーション業務の場合、完成させた案件の数や大きさによって報酬が変動する成果報酬型のものが多いため、時間に縛られることなく働ける職種の1つとなっております。

人事、マーケティングなどの分野においての仕事の経験のある方にとって、報酬もわかりやすく働きやすい職種の1つと言えます。

 

テレワークでコンサルタントを行う場合

 

ここからは、テレワークでコンサルタントを行う場合についてを紹介していきます。

コンサルタントを行う際にはある特定の分野においての専門知識が必要になるため、何か一つ極めている趣味や知識、豊富な経験などを持つ方に向いている仕事と言えます。

中でも企業戦略や会社内の業務改善、ITやマーケティングなどの分野のコンサルの仕事は時代と共に変化し、幅広いニーズが生まれ続けております。

コンサルタントはテレワーク可能な業務の中でもかなり難易度の高い職種ですが、案件によっては100万円を超えるものもあるため夢のある大きな仕事が揃っております。

自分の社会人時代の経験や知識、取得した資格を活かして頑張りたいという方は、是非テレワーク可能なコンサルの仕事について調べてみましょう。

 

テレワークで家庭教師を行う場合

 

ここからは、テレワークで家庭教師を行う場合についてを紹介していきます。

テレワークで家庭教師の仕事を行う場合、一人の生徒さんに対して指導を行うマンツーマン指導とグループ会議で行う授業の2種類があります。

報酬の相場は1コマ(45分〜60分)につき約2,500円〜4,000円ほどとなっており、自分と生徒さんのスケジュールを合わせて効率よく仕事をすることが出来ます。

国語や数学、英語など得意な教科がある方や人に何かを教えるのが得意な方、1日のうちに1〜2時間ほどの空き時間が取れる方にとって働きやすい仕事と言えるでしょう。

 

テレワークできる仕事に出会う方法

“テレワークの仕事に挑戦してみたいけど、仕事の探し方がわからない!”

このような疑問を抱いている方も多いと思われます。

ここからは、実際にテレワークで行うことの出来る仕事に出会う方法についてを紹介していきます。

テレワークで行うことの出来る仕事を探す方法は大きく分けて

 

  • 検索エンジンから求人サイトを探す
  • クラウドソーシングを活用する
  • SNSを活用する
  • 無料雑誌の中から探す
  • 友人や知人に相談してみる

 

以上の5つが挙げられます。

ここからは、これら5つのテレワークの仕事を実際に探す方法について解説していきます。

 

1.検索エンジンから求人サイトを探す

 

1つ目のテレワーク可能な仕事を探す方法は、Googleなどの検索エンジンから求人サイトを探すことです。

求人サイトとはindeedやDodaなど、条件検索することで人材を募集している企業を探すことが出来るサイトを指します。

GoogleやYahoo Japanで皆様の興味がある仕事に関してのワードを入れて検索することでテレワークの案件を探すことができるので、比較的簡単な仕事の探し方と言えます。

中には応募時に履歴書や職務経歴書などを提出する必要がある案件もありますので、その場に応じて必要な資料を準備できるようにしておくのもポイントです。

 

2.クラウドソーシングを活用する

 

2つ目のテレワーク可能な仕事を探す方法は、クラウドソーシングを活用する方法です。

クラウドソーシングとは”インターネットを介して不特定多数の人に業務を委託すること”を指し、現在も数多くの企業が専用のプラットフォームを通して人材を募集しています。

国内におけるクラウドソーシングサイトの中で有名なのは

・88万人が登録している国内最大級のプラットフォーム「クラウドワークス」 

・未経験歓迎の案件も多種多様に揃っている「ランサーズ」

・専業主婦の皆様にオススメな案件に特化している「ママワークス」

などのプラットフォームなどがあり、特にこの3つは誰でも無料で登録して仕事に応募することができる他、未経験でも学習しながら行える案件も数多く存在するのが特徴です。

 

3.SNSを活用する

 

3つ目のテレワーク可能な仕事を探す方法は、インスタグラムやTwitterなどのSNSを通してテレワーク可能な仕事を探すことです。

特にTwitterを使ってテレワークの仕事を探す場合、検索欄に#(ハッシュタグ)を入力してその後ろに”〇〇募集”といった文章を付けて検索することがオススメです。

中でも”#Webライター募集”や”#デザイナー募集”などの求人のツイートは数多く見られるため、興味のあるジャンルの仕事を探すのに使えるツールの一つとも言えます。

またインスタグラムを使ってテレワークの仕事を探す場合、数多くのフォロワーを持つ人が自分のアカウント上で求人を行っているケースも数多く見られます。

自分の興味のある職種や案件が明確な場合、キーワードを組み合わせてSNS上で求人を行っているアカウントを探してみるのも良いかもしれません。

 

4.無料雑誌の中から探す

4つ目のテレワーク可能な仕事を探す方法は、無料の求人雑誌からテレワーク可能な仕事を探すことです。

普段皆様がコンビニなどでよく見かける「タウンワーク」や「求人ジャーナル」などの求人雑誌の中には、在宅で行える仕事やテレワーク可能な案件も数多く掲載されています。

またこれらの雑誌に掲載されている案件の中には「週1出社」や「必要に応じて出社」などの条件付きのものも多いことが特徴です。

“週5フルタイムで出社するのは厳しいけれど、基本的に在宅なら仕事ができる余裕がある”

そんな皆様にとっても働きやすい案件に出会いやすい方法と言えるでしょう。

 

5.友人や知人に相談してみる

5つ目のテレワーク可能な仕事を探す方法は、広い人脈を持つ友人や知人に依頼してテレワーク可能な仕事の案件を紹介してもらうことです。

特に最近新規の事業を立ち上げたばかりの人が周りにいる場合、経理やオフィスワーク、営業などのスキルのある人材を探しているかもしれません。

友人や知人の紹介はテレワークの仕事を探すにあたって最もシンプルな方法と言えるものの、お互い信頼関係のある相手とやりとりを行うため安心感があることも事実です。

意外なところから自分にぴったりの仕事に出会える可能性もあるかもしれませんね。

 

まとめ

この記事ではテレワーク可能な仕事の種類や探し方についてを解説させていただきました。

テレワーク可能な仕事は営業やカスタマーサポートなどの接客系や、SEやライターなどクリエイティブ系まで様々です。

これからテレワークで出来る仕事にチャレンジしたいという方は、今一度自分の強みや活かせるスキルについてを分析してみましょう。

自分にとって最適なテレワークの仕事がきっと見つかるはずですよ。

おすすめの記事

シングルマザーにおすすめの副業|副業をする際に気をつけたい5つのポイント

シングルマザーにおすすめの副業|副業をする際に気をつけたい5つのポ…

テレワークに欠かせない5つのツール×4つのアイテムを徹底紹介します

テレワークに欠かせない5つのツール×4つのアイテムを徹底紹介します

テレワークのメリットとデメリットを企業側・従業員側からご紹介します。

テレワークのメリットとデメリットを企業側・従業員側からご紹介しま…

在宅ワークにはどんな種類がある?女性向けの仕事を10選ご紹介します。

在宅ワークにはどんな種類がある?女性向けの仕事を10選ご紹介します。

エンジニアの副業!時給は?仕事の探し方は?収入を上げるコツなど全部解説します!

エンジニアの副業!時給は?仕事の探し方は?収入を上げるコツなど全…

テレワークがスムーズにできる便利なグッズ20選をご紹介します。

テレワークがスムーズにできる便利なグッズ20選をご紹介します。

パソコンによる在宅ワークで、多様な働き方を!〜パソコンを使ってできる在宅ワーク10選〜

パソコンによる在宅ワークで、多様な働き方を!〜パソコンを使ってで…

エンジニアがフリーランスになるために!会社に縛られない働き方とは?

エンジニアがフリーランスになるために!会社に縛られない働き方とは?